TBM-#68767

墜落日時 1945年4月15日
墜落位置 沖縄県石垣島大浜海岸沖
所属 USS Makassar Strait (CVE-91), VC-97
攻撃目標
墜落原因           
機体ニックネーム

搭乗員

機内配置氏名階級認識番号生死
機長Vernon L.TEBO中尉121397
通信兵Warren H.LOYD一等飛行兵曹342-23-51
機関兵Robert TUGGLE Jr.一等飛行兵曹617-47-22
 パラシュート降下した、の3人が日本海軍警備隊により捕虜。その夜、TEBO中尉とTUGGLE兵曹は斬首、LOYD兵曹は多数の日本兵により刺突演習の材料にされるなどにより惨殺された。(石垣島事件)
 戦後2年目に事件が発覚し、石垣島海軍警備隊司令官井上乙彦大佐以下海軍兵士46人が戦犯として起訴され、41人が死刑判決を受けた。後、減刑により最終的には死刑7人、将校3人と一般兵29人が懲役5年~無期懲役となった。
 2001年8月15日、米軍飛行士慰霊碑の除幕、追悼式典が執りおこなわれた。ディボー中尉の甥やロイド兵曹の姪など、亡くなった米兵3人それぞれの親族も参加した。これ以降、毎年、事件の起きた4月15日に慰霊祭を開催している。

参考資料等

POW研究会HP「本土空襲の墜落米軍機と捕虜飛行士」
 http://www.powresearch.jp/jp/archive/pilot/index.html
青森空襲を記録する会HP「本土空襲墜落機調査」
 http://aomorikuushuu.jpn.org/mia.html
中央評論『日本全国B29慰霊碑物語』(299号、305号)
 https://www.chuo-u.ac.jp/aboutus/communication/press/2019/02/912/
Investigation Division Report, Legal Section, GHQ/SCAP
 https://rnavi.ndl.go.jp/kensei/entry/LS.php
沖縄タイムス 2001年(平成13年) 8月16日
八重山日報 2001年(平成13年) 8月16日