B29-#42-93999

墜落日時    1945年4月2日
墜落位置    東京都青梅市柚木町銅ヶ沢
所属      第73爆撃団第498爆撃群第874爆撃隊
攻撃目標    中島飛行機武蔵製作所
墜落原因    戦闘機(陸軍飛行第五三戦隊中垣秋男軍曹)
TAIL CODE    T□26
機体ニックネーム    Filthy Fay II

搭乗員

機内配置氏名階級認識番号生死
操縦士(CAPT)Smith, Carl G.中尉o-724649 X
副操縦士(CPLT) Coats, Cecil E.少尉o-741074 X
爆撃手(BOMB)Stauber, Benjamin C.少尉o-702975 X
航法士(NAV)McGinty, Francis G.少尉o-811685 X
機関士(FE)Houghton, John S.少尉o-866563 X
通信士(RDO)McCormack, William D.技術軍曹20361749 X
レーダー(RDR)Lamarca, Sylvio二等軍曹32409326
中央火器管制(CFC)Pettersen, Kenneth軍曹42044727 X 
右銃手(R.GUN)Sansouci, Morris W.軍曹31445787
左銃手(L.GUN)Reynolds, Francis E.二等軍曹14158192
尾部銃手(T.GUN)Evans, John W.二等軍曹14046616
 B29は空襲が終わる頃、高射砲弾を受けたらしく、火の玉になって飛来、墜落と同時に爆発してバラバラになり、破片が山麓の吉野街道付近まで散乱した。
 機長のCarl C.SMITHなど5人は墜落時に死亡、遺体は西多摩郡吉野村即清寺の墓地に火葬して埋葬され、戦後、米軍が回収した。パラシュート降下した5人(西多摩郡三田村で4人、小曾木村で1人)が1両日中に捕虜になり、サイドカーで立川憲兵分隊を経て東京憲兵隊司令部へ送られた。彼らのうちFrancis M.REYNOLDS二等軍曹、Sylvio LAMARCA二等軍曹、John W.EVANS二等軍曹、Morris W.SANSOUCI軍曹の4人は戦後米国へ帰還したが、John S.HOUGHTON少尉は全身に火傷を負っており、東京憲兵隊に収容中、症状が悪化、治療の見込みなしとして11日に毒殺された。東京小石川の陸軍墓地に埋葬。また、Kenneth PETTERSON軍曹は数日間山中に隠れていたが、空腹に耐えかねて黒沢3丁目の中村さん宅に現れて捕虜になり、東京憲兵隊へ送られた後、東京陸軍刑務所に移送、5月26日の空襲による火災で死亡。
 青梅市立郷土博物館には、このB29のエンジンや破片の一部が保存されている。
 2000年7月 墜落現場の山林を所有している野村哲也さんは、墜落現場近くにB29搭乗員の慰霊碑を建立した。
 2006年4月2日 日米合同の慰霊祭が開催され、アメリカ側から左銃手Reynolds, Francis E.2等軍曹の遺族、在日米軍横田基地から副司令官ポール・J・モントゴメリー大佐、太平洋空軍音楽隊など16人が出席し、日本側から即清寺の協力のもと竹内俊夫青梅市長、地元住民など150人が参加して慰霊祭が催された。
2006年4月7日 西多摩新聞 (掲載了解取得済)

参考資料等

POW研究会HP「本土空襲の墜落米軍機と捕虜飛行士」
 http://www.powresearch.jp/jp/archive/pilot/index.html
青森空襲を記録する会HP「本土空襲墜落機調査」
 http://aomorikuushuu.jpn.org/mia.html
中央評論『日本全国B29慰霊碑物語』(299号、305号)
 https://www.chuo-u.ac.jp/aboutus/communication/press/2019/02/912/
Investigation Division Report, Legal Section, GHQ/SCAP
 https://rnavi.ndl.go.jp/kensei/entry/LS.php
西多摩新聞 2006年(平成18年) 4月7日