B29-#42-63549

墜落日時    1945年5月7日
墜落位置    大分県下毛郡山口村八面山(現大分県下毛郡三光村八面山)
所属      第313爆撃団第505爆撃群第483爆撃隊
攻撃目標    宇佐飛行場
墜落原因    戦闘機(飛行第四戦隊村田勉曹長)
TAIL CODE    〇W24
機体ニックネーム    Empire Express

搭乗員

機内配置氏名階級認識番号生死
操縦士(CAPT)MCKILLIP, James W.中尉o-802212   X
副操縦士(CPLT) LAMBERT, John Y. Jr.少尉o-777715 X 
爆撃手(BOMB)HAMMERMAN, Harley少尉o-773374 X
航法士(NAV)SIEGEL, Norman S.少尉o-710335 X
機関士(FE)McELFRESH, Edgar L.技術軍曹35412786 X
通信士(RDO)YOKUBONIS, Albert A.二等軍曹33187219 X
レーダー(RDR)BALSER, Lewis C. Jr.二等軍曹31430817 X
中央火器管制(CFC)GALYARDT, Vernen L.技術軍曹37000153 X
右銃手(R.GUN)BAUMGARTEN, Otto. W.二等軍曹12206196 X
左銃手(L.GUN)ROMINES, Palph S.軍曹34923629 X
尾部銃手(T.GUN)BECKMAN, William F.軍曹17088695 X
 山口県小月陸軍飛行場を発進した陸軍飛行第4戦隊の村田勉曹長操縦の屠竜の体当たり攻撃による。村田勉曹長は墜落死。
 B29は機長のJames W.McKILLIP中尉など8人が墜落死。このうち5遺体は機体の残骸の中で、2遺体は機外で見つかったが、あと1遺体は確認できなかった。1946年10月に米軍が遺体を回収。
  Edgar L.McELFRESH曹長、Ralph S.ROMINES軍曹、Otto W.BAUMGARTEN軍曹の3人がパラシュート降下して捕虜。彼らは中津憲兵隊から福岡の西部軍司令部に送られ、6月20日に福岡高等女学校校庭で処刑されたと考えられる。
 1970年5月7日 三光村在住の楠木正義氏らの尽力により、墜落現場に村田曹長とB29搭乗員の慰霊碑が建てられ除幕式を行った。アメリカ側からゼラルド・M・サットン福岡首席領事、福岡板付空軍基地司令官エドワード・オーニー空軍大佐などが参列し、日本側からは木下大分県知事、周辺地区の各市村長など、約430人が参列した。 
 これ以降、毎年慰霊祭が開催されている。(現在は毎年5月3日開催) 付近は村の手で平和公園として整備され、記念館にはB29の残骸の一部なども保管している。
米軍戦没者慰霊碑
In memory of B29 Crash Victims May 7, 1945

B29搭乗員全11名の名前

慰霊碑全景 公園自体はとても広大である

1970年5月7日 板付空軍基地司令官 エドワード・オーニー空軍大佐の挨拶
B-29 #42-63549 Empire Express CREW写真

参考資料等

POW研究会HP「本土空襲の墜落米軍機と捕虜飛行士」
 http://www.powresearch.jp/jp/archive/pilot/index.html
青森空襲を記録する会HP「本土空襲墜落機調査」
 http://aomorikuushuu.jpn.org/mia.html
中央評論『日本全国B29慰霊碑物語』(299号、305号)
 https://www.chuo-u.ac.jp/aboutus/communication/press/2019/02/912/
Investigation Division Report, Legal Section, GHQ/SCAP
 https://rnavi.ndl.go.jp/kensei/entry/LS.php
大分合同新聞 1970年(昭和45年) 5月8日